まちの話題・できごとの「水道管の冬支度~寒さから水道管を守りましょう〜」
「水道管の冬支度~寒さから水道管を守りましょう〜」の書込一覧です。
新着返信
返信がありません
QRコード
水道管の冬支度~寒さから水道管を守りましょう〜
【閲覧数】44
2018年11月26日 16:14
<冬場の気象情報に要注意>
 平成29年1月の寒波により水道管の凍結・破損が多発しました。破損を未然に防ぐためにも、厳しい冷え込み(気温がマイナス4℃以下)の予報が出たときには注意してください。特に、建物の北側や風当たりの強いところ、露出している水道管には注意が必要です。
 また、普段住んでいない住宅の水道は、凍結・破損防止のためにも、止水栓を閉めておき、必要なときだけ止水栓を開けて水道を使用しましょう。

<凍結の予防策>
・屋外に露出した水道管は市販の保温材で包むか、不要になったタオルや布で覆い、その上からビニールテープを 巻く。
・低温注意報が発令された時は、蛇口から少量の水を流す
 (屋外型給湯器は、各メーカーで凍結の予防策が異なりますので、事前に取扱説明書を確認してください)。

<凍ってしまったら>
・自然に解けるのを待つ。
・凍った部分にタオルをかぶせて、その上からぬるま湯をゆっくりかける
 (熱湯は破損の原因になるので使用しないでください)。

<破損してしまったら>
・メーターボックスの中にある止水栓を閉める。
・修理は指定給水装置工事事業者へ。漏水の軽減措置について本年度から、水道管が埋設されていて漏水を発見することが困難 である場合に加えて、凍結により漏水があった 場合も料金の減額の対象になりました。
・漏水の軽減措置は原則として、5年間で1回に限ります。
・水道管の維持管理を怠っていた場合や指定給水装置工事事業者以外が修理した場合は、軽減措置の対象となりませんので注意してください。

▼問い合わせ 三木市水道業務課 営業係 ☎0794-82-2000

返信書き込みはありません。