健康・医療情報の「ともに…」
「ともに…」の書込一覧です。
新着返信
返信がありません
QRコード
ともに…
【閲覧数】68
2018年10月24日 11:32
 介護保険料は、何歳から納めるのかご存じですか?
 答えは、40歳からです。
 それでは、この介護保険料は、どこへ納めるのかご存じですか?
 答えは、2つあります。
 1つは、市役所(介護保険課)へ納めます。65歳以上のすべての方が対象です。年金からの天引き(特別徴収)や納付用紙などで納めます。
 もう1つは、健康保険組合へ「健康保険料」として医療保険分と介護保険分を合わせて納めます。これは、40歳以上65歳未満の方が対象です。給料からの天引きなどで納めます。
 それでは、この介護保険料は、どのように使われているのでしょうか?
 市では、介護保険サービス(訪問、通所、施設入所など)を利用している方が約3,300人おられます。利用する方は、サービスに要した費用の1割(一部2割または3割)を負担するとサービスを受けることができます。
 では、残りの9割(一部8割または7割)は誰が負担するのでしょうか?
 答えは、介護保険料と公費(国・県・市)で半分ずつ負担します。
 このように、介護保険は、40歳以上の方が納めている介護保険料が大切な財源となっています。介護が必要となったときに、誰もが安心してサービスを利用できるよう、ともに支え合っていきましょう。

【問い合わせ】
 三木市介護保険課
 ☎0794-82-2000

返信書き込みはありません。