まちづくり情報館の「消費生活相談 1回のお試しのつもりが定期購入の契約だった」
「消費生活相談 1回のお試しのつもりが定期購入の契約だった」の書込一覧です。
新着返信
返信がありません
QRコード
消費生活相談 1回のお試しのつもりが定期購入の契約だった
【閲覧数】105
2017年11月27日 11:14
最近の相談から
 スマートフォンで「初回お試し価格950円送料無料」と広告のあった脱毛クリームを申し込んだ。商品が届いて明細を確認すると最低5回は継続して購入しないといけないとわかった。自分ではお試しの1回のつもりだった。販売会社に連絡したが、定期購入と広告に記載しているので返品には応じないと言われた。継続しないといけないのか。(20代 男性)
   
 インターネット上の広告では商品の特徴や価格などが強調され、大切な契約内容などの表示が見えにくい場合があります。
 定期購入の場合、値引きされることが多いですが、値引きの額が強調されすぎ、定期購入だと理解しないまま契約してしまうようです。
 インターネットなどの通信販売の場合にはクーリング・オフ制度はありません。返品特約があればそれに従うことになります。
 事業者に連絡しようとしてもなかなかつながらないケースも多くみられます。
【アドバイス】
 商品を注文する前に「定期購入になっていないか」「定期購入期間内に解約できるか」「解約・返品の条件はどうなっているか」また、事業者の住所や連絡先などの情報などもよく確認してから、慎重に注文するようにしましょう。
 消費生活に関わることで困ったことがあれば消費生活センターに相談してください。

【問い合わせ】
 三木市環境政策課 環境政策・消費者行政グループ
 ☎0794-82-2000

返信書き込みはありません。