健康・医療情報 - トピック返信
新着返信
返信がありません
QRコード
三木市医師会から
2017年05月26日 10:10
そのいびき危険かも…
 みなさん、家族にいびきが激しい方、また日中に眠気、車の運転中にウトウトしてヒヤッとした経験はありますか?それは睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。
 睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に何回も呼吸が止まり、ぐっすり眠る事が出来ない病気の一種です。潜在患者は人口の2~3%といわれ、放っておくと高血圧や心臓循環障害、脳循環障害などに陥ると言われています。主な合併症は心不全、糖尿病、不整脈、肺高血圧症、虚血性心疾患などが上げられます。また、日中の眠気などのために、仕事に支障をきたしたり、居眠りによる事故の発生率を高めたりするなど、社会生活に重大な悪影響を引き起こします。しかし、治療法が確立されているため、適切に検査・治療を行えば決して恐い病気ではありません。
 近年ではご自宅で簡単に検査を行う事が出来、機械本体を装着後、鼻にチューブと指にセンサーをつけるだけで、血液中の酸素飽和度や無呼吸低呼吸の有無を知る事が出来ます。
 もし検査の結果、無呼吸の状態が重傷と判定されても、CPAP治療をする事で睡眠時無呼吸症候群が招く合併症を予防することが出来ます。
 CPAP治療とは鼻より空気を送り、睡眠時の無呼吸を無くし、酸素不足を解消する事ができ、睡眠の質を向上させる治療法です。
 CPAP治療をされた患者様のほとんどはその日からいびきをかかなくなり、朝はすっきり、昼間の眠気も改善され、CPAP療法をされなかった患者様に比べ長生き出来る事も近年では分かってきています。
 もし、「大きないびき」「日中いつも眠たい」「居眠り運転」「夜中に何度も目が覚める」「起床時の頭痛・だるさ」「夜間の呼吸停止」などの症状に思い当たる方はぜひ専門医受診をしてください。

かとう内科クリニック 加藤裕生

書き込みツリー表示
三木市医師会から - 17/05/26 10:10 (三木市広報広聴課)